りくまぱさんちの家計簿

家計簿をちゃんとつけたい!複式簿記って何?から簿記に興味をもって、2018年6月に簿記3級合格♪簿記の仕組みを参考にした家計簿のつけ方を公開中~♪

生協で注文した!商品を受け取った!その仕訳☆

こんにちは〜☀️りくまぱです😊

 

私事?身内事ですが、

私の妹(四女)が、無事に男の子を出産しました💕

構成は、姉➡︎娘、私➡︎息子、妹➡︎娘、妹➡︎娘と先日誕生した息子😍です✨

妹は実家近くに住んでるので、帰省して会える日が楽しみです😊

 

 

では、今回の仕訳です!

以前12月の家計簿の流れの中で、生協の仕訳もしてるんですが、

ちょこっと変更が(^_^;)

 

以前は“注文をした日ではなく、届いた日に記帳します。”と書いていましたが、

それでは、予算を守るには不都合がΣ(・□・;)

 どうゆう事かというと、

仕訳をして記帳する日を、注文した日に書く方が予算を守りやすいということ✨

生協は毎週1回、同じ曜日に届きます。我が家は木曜日です。

⬆︎注文は1日に生協のネットから注文しました。届くのは今週の木曜日、7日です。

ネットからだと、メールで注文明細が届くので、それを見ながら記帳します。

 

仕訳は、

借方 食費622円/貸方 生協(の未払金)622円です。

(左側・借方=費用の発生⬆︎) (右側・貸方=負債の増加⬆︎)

注文した日に、前もって7日の支出を仕訳して、生活費累計に622円予算から使ったとわかれば、月末に予算がオーバー💦ってことも防げると思います。(日付は1ヶ月の中で前後しても大丈夫です。)

 

1月は31日が木曜日で、届いた日の明細書をみて記帳しました。

それだと予算オーバーしてしまう可能性があります。

 

 2月はそう思って、注文した日に記帳し、来週届く生協の分も累計してあるから、食費はあといくら使えると意識できました😊

(とは言っても、2月の食費お米代オーバーのように、31日に届いた食材をその日に、使い切ることはないと思うので、多少のオーバーは翌月の食費の予算を減らして対応してもいいかなと思います。)

 

注文日に記帳したら、もちろん7日に記帳する必要はないです!

 

しかし、

 

たまに商品が欠品で届かない事や、返品する事もあるかと思います。

 

そうゆう時の仕訳もちゃんとあって、

(簿記でいうと、仕入れ戻しや売上戻りに当てはまるのかな!)

✨逆の仕訳をします✨

 

⬇︎注文した日の仕訳⬇︎

借方 食費 622円/貸方 生協(の未払金)622円

 

⬇︎届いた日に欠品や返品がある時の仕訳⬇︎

(例、200円の欠品とします。)

 

借方 生協(の未払金)200円/貸方 食費 200円と仕訳します。

(左側・借方=負債の減少⬇︎)(右側・貸方=費用の減少⬇︎)

買ったことを取り消した仕訳ですね!

 

それと、生活費の累計からも、200円引いておきます。

こんな感じで取り消す仕訳を記帳します。 

 

そもそも、

袋分けで現金の取り置きをしていた頃は、クレカを使用した時と同じように、生協も注文した日に現金を取り分けていたはず💦忘れていました〜(^_^;)

 

⬇︎🌸今月、今日までの仕訳帳〜🌸

ちゃんと借方と貸方一致していま〜す✨

お財布と封筒の現金残高も一致していま〜す(笑)

 

5日に友達とLAWSONで、Lクーポンやdポイントを使ってシュークリームなどゲットしてきました(^-^)v

無料のクーポンもdポイントも雑収入扱いで同じなんですけど、分けて書いてみました。雑収入でもdポイントは減るので、払ったって感じがします。

 

それから、

どんだけお得になったかなぁ〜ってレシートを見ると、

仕訳したくなると言ったら、友達に笑われました\(//∇//)\

 

以上、生協など注文した時、届いた時の仕訳でした☆

 

今回も最後まで読んでくれて、ありがとうございました🌸